コンテンツ

太陽光発電の必要性

中国やインドなどの発展途上国の経済発展にともなって、エネルギーの消費量は増え続けると考えられ、石化燃料は尽き果てる心配を抱えているため、結果的に自然エネルギーに頼らざるを得ないようになってきました。

現在主要に使用されている石化燃料は2030年頃から減り始め、2050年には地球上のエネルギーの半分まで低下し、2100年には自然エネルギーが主力のエネルギーになると思われます。

太陽光を利用した自然エネルギー以外は、限界がみえていることから 、太陽光エネルギーの積極的な利用が重要で、北アフリカでは太陽光発電所や太陽熱利用発電所を設立して、ヨーロッパに電力を供給する事を提案しています。

太陽光発電機器パネルのメーカー毎の特徴などを簡単にご紹介。

日本でも太陽光

日本の将来的なエネルギーの予測ですが、2030年のエネルギーの需要と供給の見通しでは、日本のエネルギー消費量は人口減少に伴って今以上に上がることはなく、更に省エネ技術の進展によって減少して行くだろうとしています。

新エネルギーの原価低下や技術の進歩が加速された場合、原油換算で1次エネルギーの約10パーセント、自然エネルギーの普及が見込めるとし、新エネルギーの内訳は、太陽光発電が50パーセントを占め、太陽光発電に対する期待は大きいです。

これは日本のエネルギー全体の見通しですが、今も使用されている電力エネルギーですが、この電力消費量は増加を続けると予測されています。

再生可能エネルギー

再生可能エネルギーとは、利用しても短期間で再生が可能で、資源が枯渇しないエネルギーのことで、自然エネルギーと類義語として使われています。

そのエネルギーの具体的なのもは、太陽光や太陽熱、風力やバイオマス、波力や潮力などがあり、バイオマスとは、動物の死骸や糞、生ゴミや産業廃棄物を資源として再利用することで、一時的に太陽エネルギーを蓄えたものとして考えられ、再生可能エネルギーとして取り扱われています。

日本で良く使われている新エネルギーは、太陽光発電ですが、経済面での制約から普及が十分でなく、石油の変わりのエネルギーとして導入を図るために必要とされ、国からの補助金支援などが施されています。

新エネルギーの中で一番期待されているのが太陽光発電のエネルギーなのです。